新着情報

これが求人街道です

最近多くなってきた、都バスのお仕事が多くなってきているように思えませんか?都バスとは一見市区町村などの地方公共団体が出しているぼしゅうをしているように思えますが、実際のところは、近年の民営化が進んでいる中各企業ごとのバス会社がお仕事を募集しているときがあるそうです。近年では関西ではだれもが知っているMKタクシーがバスのお仕事を常に募集していますし、求人情報紙のディーナビ・ディースターで掲載されており、都バス業界では今注目のお仕事となっているのです。

更に、最近ではMKタクシーに続けと神姫観光や阪急バスや阪神バス・・・宇和島バス・伊予鉄バスなどの地域観光バスも逆にタクシー業界に力を入れだし、そういったバス業界も広告に乗るようになっています。双方の職種で必要となる「自動車運転 二種免許」があるのですが、最近では働きながら取得ができる会社も多くなり、中高年者が多く転職や定年退職後の仕事先として応募しているようです。私もぜひ60以降になった際には応募したいです。

求人街道についてご理解ください

こちらのサイトでは、私達スタッフが各地を周り、各地の文化に触れ合いながらそこで出会った人やそこで働いたお仕事を紹介します。例えば、日本ならば関西と関東では全く違う文化となっていると言ってもいいでしょう。関西ですと企業が募集をする際には広告会社と値引き交渉といったことが行われます。これは、兼ねたてから商売人であった関西人の文化が根強く残っていると言ってもいいでしょう。また、関西ではエスカレーターを左に並ぶ習慣があるように、全て左揃えを好む傾向もあります。これは、広告を出す企業に営業をした際のことなのですが、応募を待っている企業は左から何番目に掲載されるのかを気にかけていました。その一方で、関東の場合はこれとは異なる傾向があります。まず、関東では値引き交渉などを行うことはめったにありません。その代わりに、「そのサービスがどれほど価値が有るのか」を見極めるようにしているそうです。例えばジョブセンスでは、成果報酬型という広告は無料ですが、人材を獲得した時に鐘がいるようになる。アイデムやディーナビでは折込広告と連動しているので、折り込み紙面が掲載されたらその辞典で費用がかかるようになる。一見これを別次元として捉えがちなのですが、関東の場合はこういった情報を常に整理し、どちらのサービスが自分(自社)に最適なのかを考えるようになっています。尚、関西と関東だけでなく九州・沖縄でも文化は異なってきます。特に沖縄では沖縄タイムと言うものがあり、時間に非常にルーズになっているそうです。しかしながら、仕事ではそういったことがないというふうにスタッフが言っていましたが、果たしてどうかはわかりません。こう見ると、日本でも求人に関していろいろな文化があると思いませんか?ここでは、そういったことを世界に向けて発信するようにしています。

Copyright (c) 2014 求人街道 - 求人街道オフィシャルサイト公式ホームページ.